見てはいけないブログ

コミュ障な人見知りが自由に書きます。

自虐的で控えめな人ほど人に教えられることが苦手なのかもしれない

久々にブログを更新しました。究極にネガティブ思考なレオンです。

 

おそらくこの記事を見ている人はきっとネガティブな方なのでしょう。

 

僕もそうなのですが、最近思ったことがあります。

 

 

自虐的で控えめな人ほど人に教えられることが苦手なんじゃないんかなと。

 

 

一体どういうことなのか分からないと思った方もいると思いますので少し紹介します。

 

 

申し訳なさがに意識がいき、覚えられない

 

皆さんは人に何かを教えられるときにそれが簡単だとか難しいとかに限らず全然理解できないとか思ったことはありませんか?

 

それはそれで「全然覚えられない!どうしよう!」焦ってしまいそうなことが多いでしょう。

 

学生なら塾で勉強を教えられているときとか、社会人なら仕事で上司に教えられているときとかがありますね。

 

 

でも、ネガティブで自虐的な人ほど申し訳なさに意識がいってかえって物事を覚えられないという状態が続いていると思うのです。

 

例えばある日、僕がドミニオンというボードゲームのルールを友達から教えてもらっているときのことです。

 

もちろん僕は初心者で周りにも初心者がいたのですが、人に教えられている間、

 

僕だけが一向にルールを覚えられなかったのです。

 

 

あれ?なんか全然頭に入ってこないぞ?

 

 

 

その時に自分の頭の中を俯瞰していたときのことです。

 

 

まさにその頭の中は、「ルールを覚えよう」という思考ではなく、

 

 

 

こんな馬鹿な私に何度もルールの説明をさせてしまって申し訳ない

 

 

という思考に偏っていたのです。

 

 

つまり、「申し訳なさ」に過剰に意識がいき、覚えようとするどころか相手にどう思われているんだろうということすら考えてしまう結果、全然物事を覚えられないのです。

 

 

 

もし自虐的な人は、人に教えられているときにこんなことを思っている方が多いでしょう。

 

・どうせ自分は何度教えられてもダメだ。

 

・なにやったって頭が悪いから覚えられない

 

・馬鹿に説明する無駄な時間を浪費させて申し訳ない

 

・理解できなくて馬鹿だと思われたらどうしよう

 

等々……一つでも当てはまっている方は負の連鎖に引っかかっているのかもしれません。

 

・人に教えられていないときは覚えられる

 

逆に人に教えられている時は覚えられるという方もいるのではないでしょうか。

僕はそうでした。

 

例えば学校の授業。

授業は先生が生徒に対して教えますよね。

でも僕は小中高と授業で教えられた内容を理解したことはほぼありませんでした。

 

じゃあどこで理解していたかというと9割型自宅学習でした。

そう、独学は人に教えられているわけではあません。

相手の顔を伺うことなくマイペースで勉強できます。

 

独学とかいって恰好つけてますが僕は馬鹿なので結局全然理解できてなかったんですがね(笑)

 

じゃあどうすれば覚えられるのか?

結論を言いうと、分かりません

 

なぜならまだ克服できていないからです。

 

でもひとついえるとすれば、自分は馬鹿だと表明することだと思います。

 

なぜなら僕はこんなタイトルを掲げているためか、頭の中にこんな反論が思い浮かんだからです。

 

「覚えられないのも自分の頭が悪いことに気づかず自虐的な性格のせいにしてんじゃねぇか?」

 

「何でもかんでも性格のせいにしてんじゃねぇ!」

 

実際そう思った方もいるのかもしれません。

 

でもまさにそのとおりで、ネガティブな人はまず自分を受け入れ、まずは自己開示するべきなんですね。

 

もし相手が自分のことを馬鹿だと分かっていれば、自分も「馬鹿だと思われたらどうしよう」とか考えることなく覚えることに集中できると思うからです。

 

誤解してほしくないのが、この記事の本質は自虐的で控えめな人ほど思考停止してしまうんじゃないかなーってふと思って記事にしたただけの話です。

 

また克服したときにはその手法を伝えたいと思います。

 

それでは!